ママ振り撮影プラン

お母さんの振袖が着たい(着せたい)、でも古くさく野暮ったいのはいや、出来るだけお金はかけたくない、自分らしくモデルや女優並の写真が撮りたい。そんなご希望をお持ちの方は、お気軽にご連絡ください

この振袖も30年以上前のもの。小物アレンジの力でこれほど美しくなりました。 この振袖も30年以上前のもの。小物アレンジの力でこれほど美しくなりました。

帯や和小物の、今年の新商品が入荷しました! お早いご予約をオススメします。

ママ振り撮影プランとは?

成人式はママ振りで!

ママ振り撮影プランとは、お母様・お祖母様の振袖をお持ち込みいただき、不足するものだけをレンタル(ご希望によりお買い上げも可能)していただいて、お好みのスタイルにアレンジして撮影することです。

プロのメイクアップアーティストと着付師によって思い通りのお姿になっていただいた後は、ベテランカメラマンによる撮影です。女優のようなポージングで楽しいひとときをお過ごしください。

撮影した後はゆっくりと写真を選んでいただきます。(写真は1枚からお受けしております。必要以上にご購入をお願いすることはありませんのでご安心くださいませ。)

タカヤコーポレーション「スタジオ結(ゆい)」では、何度も見返したくなる最高のお写真をお届けします。成人式はママ振りでの撮影をオススメいたします。

お問い合わせはお気軽に。

タカヤコーポレーション スタジオ結

京都市下京区寺町通松原下る植松町706

アクセスはこちら

でも、古い着物で本当にそんなに素敵な着姿になるかな?

不安な気持ちをお持ちかもしれません。
そんな時にはお気軽にお問い合わせください。撮影の前に振袖や帯(お手持ちのものだけでOKです)をご持参いただきご相談くださいませ。
お値打ちに、素敵なコーディネイトをご提案させていただきます。
ご相談は無料です。

ママ振り Q&A

振袖と帯は持っていますが、小物が古いので新しくしたいですが、スタジオでお借りできますか?

はい、お嬢様のお気に召すコーディネイトになりますよう、多数の小物や帯をレンタル用にご用意しています。(呉服屋さんであらかじめお買い求めいただく必要はありません。)お手持ちのものに合わせて、必要なものを必要なだけご提案いたします。レンタルなさるかお買い上げなさるかもご自由です。無理に帯や小物の販売をおすすめすることはありません。あくまでも、お客様の「こんなふうになりたい」を実現するために必要なサービスを、ご満足いただける品質・価格でご提供します。

出来るだけお金はかけたくないのですが

当スタジオではコマーシャル写真(宣伝広告用・カタログパンフレット制作用写真)を手がけており、その関係で西陣織の職人さんや、着物の流通の一番上流の方々の協力によって帯や小物類を仕入れておりますので、お値段以上の商品をお値打ち価格でレンタル(ご希望によりご購入)できます。

私の振袖を娘に着せたいけれど、古いし、それにサイズが合うのか心配です

必要なら丸洗いやシミ抜き、寸法直しもさせていただいております。(別料金)

古くさくて野暮ったいのはいや

当社は年間500人以上の振袖(一般のお嬢さま・プロモデル・女優)を撮影しております。その実績により、ヘアメイク、着付、着物コーディネート、撮影まで、すべてにおいて安心してお任せいただけるクオリティをお約束いたします。

自分らしく、そしてモデルさんや女優さんのような写真が撮りたい

一般の写真館の写真とは一味違うコマーシャルフォトの世界の写真をご提供できます。ポージングも思いのままに。「まるで雑誌!」のような写真をお楽しみください。何度も見返したくなる写真で、一生の思い出作りをさせていただきます。

スタジオで「ママ振り」撮影をお願いすると、たくさんの写真を購入しなくてはならない?

不要なカットの撮影を行って売りつけようとするスタジオもあるようですが、当スタジオでは必要以上のご購入をお願いすることはありませんので、どうかご安心ください。お客様の立場に立ってご提案いたします。

ママ振りはどこで撮る?

ママ振り撮影は呉服店や美容院でもサービス提供されていますが、どこで撮ってもらうのがいいのでしょうか。以下に特徴をまとめてみました。

  タカヤコーポレーション 呉服専門店 美容室
振袖 販売 × ×
レンタル ×
帯小物 販売 ×
レンタル × ×
着付
スタイリング
コーディネート
×
ヘアメイク ×
撮影 × ×
価格 安い 高い
特徴 雑誌のような写真に 着物の販売が目的 着物も撮影も外部と契約

それぞれに特徴があることをおわかりいただいたと思います。
「こうなりたい!」というお姿を、コマーシャルフォトレベルのクオリティでお値打ちに残せるのが「スタジオ結(ゆい)」なのです。

タカヤコーポレーション
「スタジオ結」から
アドバイスさせてください

今の成人式は振袖レンタルを利用する人が多いですね。
前撮りの撮影と当日の着付がセットになっているプランがあって確かに便利です。
しかし今どきのレンタル振袖は、レンタル用に大量生産されたもので生地の質も良くなく、柄もプリントされたものです。

逆に30年も前の母親世代の振袖は、生地の光沢や染もしっかりとしたものです。
元々着物は「三代着られる」衣服です。洋服とは違い、着物は代々受け継いでいくものなのです。母親世代にはそういう感覚がしっかり残っていたので、後世に残しても恥ずかしくないような品物をかなり厳選して購入されていました。

お母様の振袖を着る時に「時代遅れではないか」と気おくれする事は全くありません。
着物と帯がそのままで小物を今どきのものに変えるだけで全く違和感のない着物に仕上がります。
実際に数多くの振袖撮影をしている我々からすれば、レンタルの振袖と昔の振袖を着た写真を並べて見ると、レンタルの方は何となく薄っぺらい感じで、お母様の振袖を着た写真の方が遥かに上品で重厚感が出ます

どうか自信を持ってお母様の振袖を着て、思い出の1ページを飾ってください
スタッフ一同応援しています。